百花龍乱!!〜百龍を描くWS

古代文字アーティスト勝野真美先生をお招きして『百龍を描くWS』を開催しました!

龍って実は虫の仲間らしい。

その昔の中国では空を飛ぶものは
鳥の属性と虫の属性の2つに分類されていた。

龍は虫に属すると勝野真美先生は教えてくれた。

虫というのは花粉をつけて花々を媒介するもの、
そこから情報を運ぶという意味が含まれているという。

龍は風に乗って移動し、神様を連れて
その土地土地に必要な情報を降ろしていく!

(風の中にも、虫があるよね)

いざ、描く瞑想へ

篆書と呼ばれる古代文字には龍は100種以上あり
もちろん100個すべて違う文字。

A2サイズ(A3を2枚分)の真っ白な紙の上に
100種の龍を召喚していく。

個人個人が思いおもいに龍を描いていく。

 

 

真っ白な紙から100龍が舞いました。
みんなで500龍!

下手とか上手いとか存在しなくて誰1人同じものはない。
それがすごい面白い。

個性でもありアートでもあるんだなっていつも思うのです。

ご参加くださいましたみなさま、ありがうございました。

p.s. 真美先生からのスペシャルプレゼント。
似顔絵を描いてプレゼントしてくれました!嬉しい!

それぞれの個性を掴んでてさすが!です。

次回の筆文字講座は、基本編!

”筆を日常に”をテーマに
初心に戻って『筆文字の基本のき』

筆ペンの扱い方、筆文字の書き方など
筆の基本編からじっくり楽しめる時間を企画しています!

どうぞお楽しみに(^ ^)


\4月分、発売中!/

 

\あやぱん4月発売開始/
●定期便 (送料込)木曜に発送!隔月もOK!●
(継続の方は、確保してありますので完売でもお申し込みください)

 

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

あやぱん

通販専門のパン屋「あやぱん工房」店主。 大手ITシステム会社に12年勤務し、パン屋として独立。 「あやぱんは幸せの味」がコンセプト。食べるみんなが”ふんわり優しく幸せな気持ち”になって、誰かにおすそ分けしたくなる、そんなパンを作ってます。 今後はパンに関わらず食全般を通じて安全や笑顔をどのようにもっと多くの人へ届けられるか模索中。