あやぱんイタリアに行く_フィレンツェでトスカーナ料理に舌鼓編

ローマからこんにちは、あやぱんでございます。

フィレンツェ 前回までの復習

ローマから日本の新幹線みたいな電車に乗って
1時間半で着いたフィレンツェ。

あやぱんイタリアに行く_フィレンツェ電車編

ジョットの塔楼に登って
ドゥオーモや一面に広がる赤い屋根の景色を堪能。

あやぱんイタリアへ行く_フィレンツェのドゥオーモ編

お昼ごはんは、フィレンツェ 中央市場へ。
これは美味しい素敵な市場でした。

あやぱんイタリアへ行く_フィレンツェ中央市場

そして、ルネサンス絵画で有名な美術館ウフィツィ美術館へ。

ボッティチェリやミケランジェロ、ダビンチなどの絵画を堪能。

あやぱんイタリアへ行く_ウフィツィ美術館

さあ、晩ごはんだー!トスカーナ料理を食べるぞ

ポンテベッキオ橋を観光しながら
渡って戻ってきたり

オリーブオイル屋さんで
オリーブオイルを買って気がつけば18時。

しかし、まだまだ明るく日が高いフィレンツェ です。
日没は21時くらい、日本では感覚的に16時くらいの日の高さ。

日の高さに違和感を覚えながら晩ごはんのお店へ。

トスカーナの伝統的なお料理がメインと
お友達に教えてもらったこちらへ。

Ristorante il Paiolo

愛想の良く優しいお兄さんが出迎えてくれました。

店内の見える冷蔵庫に肉がババーンと。
こういうの見ると
イタリア(トスカーナ)は肉食なんだな〜って思いました。

胃が小さいけどたくさん食べたい!とお願いして
一人前をシェアさせてもらいました。

オーダーしたのは以下の3点とワイン。

  • パッパルデッレのラグー
  • リボッリータ
  • ビステッカ(フェレンツェ風の骨付き子牛肉のステーキ)

 

パッパルデッレのラグー

トスカーナ地方の郷土料理として
ポピュラー
なパッパルデッレ。

幅10~30mm、厚さ2~3mm、
長さは2~3cmほどのパスタ麺
です。

イメージ的にはきしめんより太い
ほうとうみたいな感じかな。

こっくりとしたラグーと絡まってうまうま。

豆のリボッリータ

リボッリータの「Re(リ)」は「再び」、
「bolitta(ボリータ)」は「煮込む」という意味があります。

あまりものの野菜や豆、
硬くなったパンをくわえて煮込んだ家庭料理です。

トスカーナでよく食べられているのは、豆。
豆食いのトスカーナ人と言われるほどとか。

豆のリボッリータ頼んでみました。

高菜をくつくつ煮たような塩辛い具沢山スープでした。

パンと合わせてちょうど良いかな。(でも塩辛いね)

ちなみにトスカーナのパンは塩が入ってません。
パーネ・トスカーナ食べられて良かったです。

ビスカッテ(フェレンツェ風の骨付き子牛肉のステーキ)

500gのTボーンステーキ。

2人で半分こでも250g。

どうかな〜食べられるかな〜と思ったのですが
赤身で脂っこくなく案外全部食べられました。

 

大満足で最後に写真をパチリ

Ristorante il Paiolo

食後のデザート

実はこの後、
朝ごはんを買って帰るために中央市場に戻って
デザートにカンノーロを食べました。

カンノーロ、シチリアの名産で
日本でもゴッドファーザーで
みたことある人が多いのでは?

このカンノーロ、お店によってお味が違います。

リコッタチーズだったりカスタードだったり、
ここお店のは中身はアイスでした。

さあ、ローマに帰りますよー。

 

あやぱんイタリアへ行くのバックナンバーはこちらから

http://blog.ayapan-kobo.com/blog/archives/category/travel




\あやぱんは幸せの味♪/
あやぱん発売中

あなたのために、お腹も心も笑顔になるパンをご自宅までお届けします♪




コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

あやぱん

通販専門のパン屋「あやぱん工房」店主。 大手ITシステム会社に12年勤務し、パン屋として独立。 「あやぱんは幸せの味」がコンセプト。食べるみんなが”ふんわり優しく幸せな気持ち”になって、誰かにおすそ分けしたくなる、そんなパンを作ってます。 今後はパンに関わらず食全般を通じて安全や笑顔をどのようにもっと多くの人へ届けられるか模索中。